本文へスキップ

日本再生可能エネルギー総合研究所は、再生可能エネルギー普及のための情報収集と発信を行っています。

サービスSERVICE

情報収集と整理(調査とリポート)

○○○○○○○○イメージ

再生可能エネルギーの最新技術などの情報収集

○ 国内・海外の技術
    太陽光、風力、木質バイオマス、バイオガス、小水力、地熱、
    小風力、海洋、コジェネ、熱、熱供給システム
○ 再生可能エネルギーの周辺・関連技術など
    スマートグリッド、EV・FCV、水素、送電網・安定化システム
    エネルギー貯蔵(蓄電池、Power to Gas)
○ その他
    新電力、原発解体・除染


○○○○○○○○イメージ

再生可能エネルギーの最新の制度・データ調査

○ 国内・海外のエネルギー政策や制度、システム
    各国のFIT制度など再生エネ普及策
    エネルギー効率化・熱供給システム
○ 国内・海外のエネルギー関連データ
    電力源比率、電力料金など各国の電力関連データ、
    エネルギー全体のデータ
○ 国内・海外の地域エネルギー供給システム
    国内のご当地エネルギー会社、市民ファンド
    ドイツのシュタットヴェルケ・エネルギー協同組合


情報の発信とプロジェクトの実現

○○○○○○○○イメージ


 再生可能エネルギーの事業・地域プロジェクトの組成

 
 ○ 再生エネによる事業および地域活性化の検討
     FS調査、実証
 ○ 再生エネ事業、地域活性化プロジェクトの組成と実現
     エネルギー貯蔵、効率化など含めた総合プロジェクトのプロデュース
     地域エネルギー供給事業の組成と実現
 ○ 再生エネ事業、地域活性化プロジェクトのためのファイナンス支援


○○○○○○○○イメージ


 メディアなどへの発信


 ○ 活字メディアへの情報発信(執筆、データ提供など)
 ○ 映像メディアへの情報発信(番組制作など)
     各種のメディアへの発信で、CSRや広報のお手伝いを行います。
 ○ 講演、シンポジウム



サービスの基本

○○○○○○○○イメージ


第2ステップに入った日本の再生エネ

○ 昨年の九電ショックを経て、日本のFIT制度は新しいフェーズを迎えました。これまでの、単独で事業利益だけを優先したビジネスモデルは終わりを告げます。今後は、複合的な技術をベースにし、様々な民間企業や自治体、住民などとの連携に基づく『面的な』エネルギー事業が中心になっていきます。

○ 当研究所は、地域を中心としたプレーヤーの方々を有機的に結び付け、プロジェクトを成功に導くためのコーディネーター役を担います。
 
 


○○○○○○○○イメージ


地域への貢献と活性化

○ 再生可能エネルギーは、中央と地域との関係を根本から変える可能性を秘めています。中央からエネルギーを与えられるだけだった地域が、自らエネルギーを作り出す立場に転換するチャンスです。

○ 当研究所は、再生可能エネルギーの普及を通じて、地域の自立と活性化のお手伝いをしたいと考えます。

                         2015.3.6


バナースペース

日本再生可能エネルギー総合研究所

JAPAN RENEWABLE-ENERGY
RESEARCH INSTITUTE : JRRI
略称:再生エネ総研

〒216-0033
川崎市宮前区宮崎2-9-2-707

2-9-2-707, Miyazaki, Miyamae-ku, Kawasaki-city 216-0033 Japan

WEB: http://www.jrri.jp
MAIL: info@jrri.jp
Twitter: @kit_jrri